下松市のおすすめ税理士事務所!会社設立・確定申告・相続税など

山口県下松市の税理士事務所のほとんどを記載しています。

税理士事務所ごとに料金や特徴などが異なるので、自分にあった税理士を見つけることが大切です。

とはいえ、自分で見つけるのは結構面倒です。

そこで山口県下松市の税理士事務所を紹介する前に、無料であなたにピッタリな税理士を紹介してくれるサービスを紹介します。

税理士の探し方が分からない人におすすめ!税理士無料紹介サービス

税理士紹介エージェント

  • 紹介満足度98%!税理士を探している人にピッタリのサービス
  • 知識・経験・人柄などの厳しい基準をクリアした厳選の税理士が揃ってる
  • 税理士の細かい条件も指定できるのであなたにピッタリの税理士が見つかる
  • 料金やサービス内容をより好条件にするための交渉の代行もあり
  • 気に入らなければ断ってもOK!断り代行もしてくれる
  • 税理士変更で100万円以上の節税に成功したケースもあり
  • 何度でも完全無料で税理士を紹介してくれる
  • 最短即日で税理士を紹介してもらえるので急いでいる人にもピッタリ
  • 税理士に依頼すれば面倒な手続きから解放され節税も込める

↓あなたにピッタリの税理士の無料紹介はこちらから↓

税理士紹介エージェント

山口県下松市の税理士事務所15件

田戸俊也税理士事務所

住所〒744-0011 山口県下松市西豊井2ー915ー2 MAP
営業時間8:00~18:00
休業日
電話番号0833-48-9876
ホームページhttps://www.taxtado.jp/

杉本法夫税理士事務所

住所〒744-0013 山口県下松市桜町1丁目14ー33ー102 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-41-4650
ホームページ

下村克税理士事務所

住所〒744-0012 山口県下松市北斗町8ー20 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-44-1131
ホームページ

村上龍宏税理士事務所

住所〒744-0073 山口県下松市美里町2丁目13ー1 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-45-2420
ホームページhttps://murakami.tkcnf.com/

清水徹税理士事務所

住所〒744-0073 山口県下松市美里町3丁目17ー24 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-41-1960
ホームページ

中村洋樹税理士事務所

住所〒744-0012 山口県下松市北斗町2ー13 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-41-9671
ホームページ

小川哲夫税理士事務所

住所〒744-0015 山口県下松市大手町2丁目10ー22 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-44-0745
ホームページ

徳山隆志・税理士事務所

住所〒744-0012 山口県下松市北斗町7ー5 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-44-9191
ホームページ

田村一徳税理士事務所

住所〒744-0033 山口県下松市生野屋南2丁目7ー5 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-43-4772
ホームページ

徳山光男税理士事務所

住所〒744-0012 山口県下松市北斗町7ー5 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-43-5522
ホームページ

森永隆夫税理士事務所

住所〒744-0072 山口県下松市望町2丁目12ー5 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-41-2374
ホームページ

今橋將税理士事務所

住所〒744-0005 山口県下松市古川町1丁目4ー1 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-41-9288
ホームページ

中村達雄税理士事務所

住所〒744-0271 山口県下松市下谷576ー2 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-53-0107
ホームページ

石津嶺祐税理士事務所

住所〒744-0027 山口県下松市南花岡2丁目6ー13 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-44-4333
ホームページ

(有)松井会計センター

住所〒744-0005 山口県下松市古川町1丁目4ー1 MAP
営業時間
休業日
電話番号0833-44-0333
ホームページ

近隣地域の税理士事務所一覧

近隣地域の税理士事務所を以下の記事で紹介しています。

下関市 / 宇部市 / 山口市 / 萩市 / 防府市 / 下松市 / 岩国市 / 光市 / 長門市 / 柳井市 / 美祢市 / 周南市 / 山陽小野田市 /

郡(町村)

大島郡 / 玖珂郡 / 熊毛郡 / 阿武郡 /

山口県の情報を見たい場合はこちらから

失敗せずにあなたに最適な税理士を見つける方法

もしかしたらあなたは税理士なら誰でもいいと思っている人もいるかもしれません。

しかし税理士には、得意な業種と苦手な業種があります。

もし苦手な業種の税理士と契約してしまった場合は最悪です。

ほとんど節税もできず、結果的に何百万円、何千万円も損するケースもあります。

仮に料金が安くても結果的に大損するわけです。

そんなミスマッチを防ぐためにも、きちんと税理士のことを調べる必要があります。

  • どの業種が得意なのか
  • 過去の実績はどうか
  • 税理士の人柄はどうか
  • どんな内容までサービスを行っているか

これらを1つ1つ調べていたら、莫大な時間と労力がかかります。

 

そんな手間をなくすために「税理士紹介エージェント」を使ってみてください。

 

税理士紹介エージェントなら、あなたの要望にピッタリの税理士を無料で紹介してくれます。

面談などをしてみて相性が悪そうであれば、断るのもOK!

その場合には再度、新しい税理士を紹介してくれます。

無料で使えるので税理士を探しているなら試しに使ってみてください。

↓最短1分!無料紹介はこちらから↓

税理士紹介エージェントで無料紹介してもらう

税理士に選ぶ前に何を依頼するのか決めておく

税理士を決める前には、どこまでの業務を依頼するか決めておきましょう。

依頼する内容によって選ぶべき税理士も変わってきます。

税理士に依頼できる業務内容は大きく分けると「経理業務 ・ 申告業務」と「経営サポート」の2つに分かれます。

・経理業務 ・ 申告業務

  • 経理代行(記帳 ・ 振込 ・ 請求書発行 ・ 給与計算 ・ 年末調整 等)
  • 記帳指導 ・ 自計化支援
  • 決算業務(月次 ・ 年次)
  • 税務申告業務 ・ 税務相談
  • 税務調査立会い

・経営サポート

  • 資金繰り ・ キャッシュフロー計画 ・ 改善
  • 節税対策
  • 経営計画の策定
  • 融資 ・ 補助金 ・ 助成金
  • 決算カウンセリング
  • 会社設立 ・ 事業継承 ・ M&A支援 等

依頼する内容が多ければ多いほど、料金も高くなる傾向にあります。

ある程度は自分でやるとコストを抑えることができます。

どこまで対応しているのかは税理士事務所によって微妙に異なるので、必ず確認した上で契約を結びましょう。

税理士の選び方について

税理士を選ぶときには以下の5点に気を付けながら選ぶことをおすすめします。

  • 第一印象はどうか?
  • 報酬料金は明瞭か
  • 節税のアドバイスをしてくれるか
  • 具体的な経営サポートをしてくれるか
  • 自社の業界・業種の知識や経験があるか

・第一印象はどうか?

税理士はこれから一緒に仕事をしていく相手になります。

これから何年も一緒に仕事をするわけですから、印象の悪い人は避けた方が今後余計なストレスを貯めなくて済みます。

相性の良し悪しはたいてい第一印象で分かります。

なんとなく話しにくい人、上から目線で相談しにくい人は候補から除外した方がいいです。

なるべく話しやすい人を選ぶことで今後の税に関する内容をスムーズに進めることができます。

・報酬料金は明瞭か

税理士の費用は、依頼する内容や量、訪問回数や年間売上などによって金額が上下するためちょっとわかりにくくなっていることが多いです。

そのためホームページなどで金額をしっかりと明示している事務所は信頼できると評価していいポイントです。

契約後のトラブルを防ぐためにも、どこまでの内容が含まれているのかきちんと把握しておく必要があります。

例えば、融資や資金調達の相談をしたら顧問料とは別に料金を請求されるなんてこともあります。

単純に顧問料が安いからという理由で決めてしまうのではなく、業務内容までしっかりと目を通した上で料金とのバランスを考え決めることをおすすめします。

報酬体系が不明瞭な場合には、契約前に事前に確認しておきましょう。

・節税のアドバイスをしてくれるか

税理士の中には節税に消極的な人も多いです。

税務調査の時に余計なことを突っ込まれると面倒なので、節税をせずにちゃんと納めた方が楽という側面があるからです。

リスクを取って節税を考えてくれる人なのか、リスクを取らず安全に納税することを考えている人なのかを自分の要望に合わせて決める必要があります。

積極的に節税をしたい人は契約前にそのことを伝えておいた方がいいでしょう。

・具体的な経営サポートをしてくれるか

全ての税理士ができるわけではありませんが、経営サポートをつけている税理士もいます。

経営そのものに不安があり相談をしたいという場合には、具体的な経営サポートをしてくれる税理士を選んだ方がいいでしょう。

特に過去に経営の経験があったり、経営サポートの経験が豊富な人を見つけることができると、経営者に多くの利益をもたらしてくれるでしょう。

経営は自分で決めていきたいという人は、経営サポートなしで問題ありません。

・自社の業界・業種の知識や経験があるか

税理士によって知識や経験のある業種は異なります。

得意な分野でない場合、一般的な提案しかできず損することもあります。

また税理士と話していく中で自分のやっていることについて詳しく説明しなければいけないという手間も発生します。

自分の業種について詳しくない税理士に依頼をするのは損しかありません。

自分の業種について最低限の知識がある税理士を選ぶことをお勧めします。

税理士に変更する場合の注意点

相性が合わない税理士だったり料金が高い税理士から変更することは、経営者として大切は判断です。

ただ税理士を変更する際には以下の注意点があります。

  • 確定申告や決算直前はやめておく
  • 契約解除の決めごとを確認しておく
  • e-taxのパスワードやデータの引継ぎを行う
  • 次の税理士を見つけてから今の税理士を解約する

いきなり税理士を解約しようとしても、すぐに解約することは難しく、うまく引継ぎができないこともあります。

あらかじめ余裕をもって税理士を変更することをお勧めします。

>>あなたに合う税理士の無料紹介はこちらから

中国地方の税理士
おすすめの税理士!都道府県別のまとめ
タイトルとURLをコピーしました